FXトレード前に見ておきたい名言PART2(為替名言)

Pocket

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日もFXトレードに必要なメンタル面の強化として名言の紹介していきたいと思います。

前回は将棋棋士の羽生善治さんの名言でした。

今回は伝説の雀士といわれている桜井章一さんの名言を紹介していきたいと思います。

[失敗した時に
どういう態度をとるかが、

失敗を起こした後の
一番の勝負どころになるのです。]

FXでいう失敗=損切りですね。

損切りした後にそのままにせずちゃんと検証すること大事ですね。

それと損切りラインは「自分のルール上損切りされないところ」に設定しなければなりません。

矛盾しているようですがそうすることによって損切り=チャンスになります。(これは後日補足します。)


次は

[部分で考えると、
間違いを犯す。]

これはFXにそのまま通じますね。

短い時間足ばかり見ていては上下に振り回されてばかりです。

なのでR式のように4H→1H→15Mと大きい時間足から条件をクリアして目線を固定することによって、短い時間足の上下のブレにも惑わされずに目線を固定できます。

これは非常に重要ですね。
最後に私がトレードで苦しんでいた時期に助けられた名言です。

[行き詰まると
前方に道がないように思うのですが、逃げるのではなく、
戻るという選択肢があることを
忘れてはいけません。]

もし今トレードで勝てずに苦しんでいる方がいたら(自分もそういう時期がありました)、ヤケクソにならずに一度エントリーするのをやめてみるのもいいと思います。

そこで新たな発見や気づきがあるはずです、このサイトがそのお役に立てれば嬉しいです!

[FX基礎知識] ブログ村キーワード
↘応援クリックお願いします( ゚Д゚)”↙




Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です