これだけはまず見てください!為替(FX)R式シンプル取引手法紹介(図解付き) エントリーまでの流れ

Pocket

短いので最後まで見てください!!トレード人生が変わるかもしれません!!

(特に初心者・トレードにつまづいている方)

いつもブログを見てくださりありがとうございます!

私が使っている超簡単・超シンプルトレード手法を公開中ですが、図解が欲しいとのお声をいただいたので図解付きで解説します。

今回はチャンス通貨の見つけ方からエントリーまでを解説します!

私の経験を惜しみなく詰め込みました!ぜひご覧ください!

まずはチャンス通貨の見つけ方です。

↗4H足で下げトレンドが発生しています。

↘4H足で起点ができます、起点とは押し安値・戻り高値のことです。

ポイント:この起点を切ったらチャンス通貨になります。なのでまずは各通貨の起点にラインを引いておきましょう、数日後には何かしらの通貨が起点を切ってチャンス通貨になっているはずです。)

↘4H足の起点を切って4Hは上向き=チャンス通貨(監視通貨)となる

(チャンス通貨=4H足が上向きになった通貨)


↘チャンス通貨になったら4Hはもう上向きだとわかっているのでもう少し短い時間足(1H足)を監視します。

(ポイント:1H足でも、15M足でも4Hの時と同じことをやります、とても簡単です)


1Hで戻り高値(起点)ができましたね、これを切ったら1Hも上向きになります。

↘1Hの起点を切りました。

4H、1Hと上向きが確定したら15M足を監視します。

↘1H足の拡大図です。

15Mで戻しがはいり、15Mの起点を切りました。

これで3つの時間軸がすべて上向きになり安全にエントリー可能です!

黄色四角でエントリーできたらベストですが、見ていなくてエントリーできなくても焦らなくて大丈夫です。チャートは上下上下して進むので何回かチャンスがあります。

↘全体としてはこんな感じですね。

私の手法の根本(基本)は今回紹介したダウ理論です。

これに次回紹介する100MAと400MAを補助として使います。

最後まで見てくださった方々ありがとうございます!

皆さんが知っているはずのダウ理論ですが改めて説明されると「たしかにそうだ」となりますよね?

私の使っているR式シンプルトレードは何も難しくありません、皆さんが知っている基礎を使い余計なものを使わないだけの手法です。

ただ唯一難しいのは待たなければいけないということです、どうしてもチャンスだと思うと逆張りエントリーをしたくなりますが我慢です。

メンタルコントロールの記事もあるので合わせて読んでください。

次回はMAの使い方とSLとTPの位置を紹介します。
↘応援クリックお願いします( ゚Д゚)”↙




Pocket

コメント2件

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です